スタッフブログ - 仙台出張整体「ボディバランス仙台」

HOME > スタッフブログ

体幹を鍛えればいいという考えが正解とは限らない ≧(´▽`)≦

2017年08月24日 [記事URL]

体幹を鍛えれば長友選手のようになれるか?

パフォーマンスを高める、筋力トレーニングの考え方  (*^▽^*)

筋肉博士"石井直方先生(東京大学教授)が、筋肉のメカニズムや機能を毎回わかりやすく解説していきます。一方、最近では、サッカーの長友佑都選手の「体幹トレーニング」が有名になったこともあり、誰もが「体幹、体幹」と言うようになりました。では、体幹さえ鍛えればいいのでしょうか。

体幹を鍛えればいいという考えが正解とは限らない   (-^□^-)

 1つのトレーニングには1つの効果しかないという「特異性の法則」について解説しました。唯一無二のトレーニングはないので、目的に合ったトレーニングを選ぶことが大切であるということもお話ししました。今回はそのことについて、もう少し考えてみましょう。(-^□^-)

 例えば、ある選手が体幹トレーニングを行ったところ、競技のパフォーマンスが非常に上がったとします。それは体幹トレーニングの効果が表れたと考えていいわけですが、実はその選手は四肢のパワーが強い割にコアが弱い、という特徴をもっていた可能性もあります。一見、筋肉があるように感じられても、全身がうまく連動していなかったために、動作が不安定になったり、再現性の高い動作ができなかったり、力の伝達がうまくいっていなかったりしたのかもしれません。そうした課題があったことに気づかず、たまたま取り入れた体幹トレーニングで弱点が補強され、結果としてパフォーマンスが著しく上がったということもあり得ます。つまり、このケースは"偶然"によって導き出された結果であり、それを見たほかの選手がコアさえ鍛えればいいと判断してしまうのは早計です。体幹は十分に強いけれども脚力に欠点がある、という選手がいくら体幹トレーニングを行っても、パフォーマンスが劇的に上がるということはないでしょう。サッカーの長友佑都選手の体幹トレーニングが有名になり、最近は大人から子どもまで「体幹、体幹」と言っているような風潮がありますが、体幹さえ鍛えれば長友選手のような動きを獲得できると考えてしまうのは間違いです。長友選手は体幹トレーニングを取り入れる前に四肢をよく鍛えていたそうですから、脚力や全身持久力といった総合力が既に十分高まっていたと考えられます。その上で体幹トレーニングを行ったからこそ、競技におけるパフォーマンスが上がったのでしょう。(*^▽^*)



スロー&クイック トレーニング ≧(´▽`)≦(*^▽^*)

2017年08月24日 [記事URL]

週2日、1回たったの4分 筋肉を"だまして"鍛える!

スロー&クイック トレーニング                (-^□^-)

 「ラクな健康法ほど効率がいい」----。最新の研究などから、科学的に証明されつつある新事実だ。(-^□^-)

 例えばランニング。体脂肪を落としたいなら、歩くのと同等か、むしろ遅いぐらいのスピードで走る「LSDランニング」が最も有効ということがわかってきている。人と会話しながら走れる程度が目安だ。一流のアスリートならいざ知らず、「極端な糖質制限」「毎日10kmの走り込み」などのストイックな健康法は、多くの人にとってむしろ効率が悪いことになる。

毎日やるのはむしろマイナス。「2重の刺激」で強烈に効かせる

 ジムに行く時間はないが、スマートな体は手に入れたい。そんな人に最適な筋トレがある。1回僅か4分で効率よく筋肉に負荷をかけられる「スロー&クイック」トレーニングだ。特徴は、まず極端にゆっくりした動きのトレーニング「スロー」を行い、その直後に素早い動きのトレーニング「クイック」を組み合わせて行う点。「スロー」では4秒かけて関節を曲げ、さらに4秒かけて関節を伸ばす。「クイック」では同じ動きをできるだけ速く繰り返す。いずれも関節は伸ばし切らないのが鉄則だ。これがなぜ、筋肉を鍛えるのに有効なのか。例えば、重いダンベルを持つなどの強い力を発揮すると、筋肉が収縮して筋内の血流が悪化。すると血液の酸素運搬能力が奪われ、筋内が酸欠状態になる。「細かいメカニズムは解明されていないが、筋肉が酸欠状態になると疲労が進み、タンパク質が合成されることがわかっている」(東京大学大学院教授の石井直方氏)。

東京大学大学院 教授 石井直方氏
専門は身体運動科学、筋生理学。81年、ボディビル世界選手権3位。著書に『一生太らない体のつくり方』(エクスナレッジ)など

 「スロー」なら、重りを使わなくても筋内を酸欠状態にできる。関節を伸ばさずに休みなく負荷をかけ続けることで、じわじわと血流が制限されていくためだ。いわば、筋肉を"だます"トレーニングといえる。「強い力を瞬間的に使うよりも、むしろ弱い力を長く発揮するほうが、タンパク質がより合成されるというデータもある」(石井氏)。

 一方の「クイック」は、切り返しの加速を利用して瞬間的に強い負荷をかけることで、「スロー」だけでは引き起こせない物理的な筋損傷を生じさせる。石井氏とともにこのトレーニングを開発した近畿大学生物理工学部准教授の谷本道哉氏は、「筋肉の微細な損傷が修復される過程で、タンパク質のさらなる合成や筋線維の核の増加などが起きる。これらは筋肥大につながる刺激になる」と説明する。近畿大学生物理工学部 准教授 谷本道哉氏

大阪大学工学部卒業。専門は筋生理学、トレーニング科学。著書に『35歳からのカラダルールBOOK』(ベースボール・マガジン社)など

 では、どれくらいの頻度でやるべきか。傷ついた筋肉が修復される期間を与えるために、実は適度な休息が必要。毎日ではなく、むしろ週2回の筋トレが効率的だという。速い動作を繰り返す筋トレは関節に負担がかかるが、「『スロー』の後に行えば、過剰な速さは筋疲労のために抑えられる。関節への負担が少なくなり、ケガのリスクを軽減できて安全」(谷本氏)。太らないためには、下半身を鍛えるスクワットを優先的に行うべき。下半身には、大腿筋などの大きな筋肉が集まっている。ここを鍛えて基礎代謝を向上させれば、次第に安静時でも脂肪を燃焼できる体になっていく。 体形が変化するまで、通常2~3カ月はかかるが、すぐ効果を実感できるパンプアップという現象がある。筋トレ直後に筋肉が水分を吸収し、一時的に筋肥大するもの。記者も谷本氏の指導の下、うめき声が漏れるほど追い込んだ結果、腕と太ももの周径が1cm前後ずつ肥大した。正しくやれば、血管が浮かび上がるなどの体の変化が実感でき、モチベーションにつながる。 (*^▽^*)

家事・育児・介護・仕事が忙しくジムに中々行く時間が取れない体を鍛えたい運動がどちらかと言うと苦手・嫌い、どのようにエクササイズして良いのか分からない方生活習慣病から脱出し健康維持したい方お任せ下さい練習メニューを作成致します訪問型なので都合の良い時間で予約出来ます安心してご相談下さい・お待ちしております!!ビタミン・ミネラル・必須アミノ酸・タンパク質・オメガ脂肪酸など検証可能な90種類以上の栄養素を得ることができるこのドリンク一杯からっとアククティブを目指す方・赤ちゃん、妊婦さんが飲める安心安全なモリンガお勧め致します!≧(´▽`)≦

 

1970756_10153183719377926_4460762453557185403_n[1].jpg

レプリカサイト:https://2913805.myzija.com

o0480072813960166091[1].jpg20258004_1634011269964567_5879887827081566821_n[1].png19430112_1596825237016504_6889275678305180818_n[1].png19875679_640150982845497_8772323572734684658_n[1].jpg19554260_1587863201231934_3295711033939271830_n[1].jpg18198579_1314396738676317_2463644485189192797_n[1].jpg



八幡どんくり整骨院イン・加圧エクササイズ (*^▽^*)

2017年08月23日 [記事URL]

本日クライアント様は加圧体験から加圧エクササイズを申し込まれた方からのご依頼です。エアロビックスを現在をなされていて持久力をあると思うがもう少し筋力増進してからだを絞りたいとのご希望でした!こん心肺機能のトレーニングのために開発されたエアロビクスは、心肺機能の向上に大きな効果が期待できます。有酸素運動で酸素をたくさん体にとりこみ心肺に適度な負荷を与えることで、心肺が発達し強くなります。心臓が元気になると、血液の流れがよくなり、高血圧改善につながります。また、心筋梗塞や狭心症の予防・治療に効果を発揮するともいわれています。有酸素運動と無酸素運動加圧エクササイズが最適です通常とは違いをしっかり体感して頂きました!

加圧エクササイズは、リハビリに最適!≧(´▽`)≦

加圧エクササイズ・メディカルフィットネスケアでは、筋肉の専門知識を活かし「弱っている筋肉、使いすぎている筋肉、関節の動きがない、関節の動きがあり過ぎる」など、問題を見つけ改善することにより、関節の痛みや筋肉の痛みに負けないバランスの良い強いカラダを目指します。加圧エクササイズは、どうしてリハビリに最適なのか説明したいと思います。(-^□^-)

①1対1のトレーニング指導なので運動経験のない方でも安心して行えます。

  1.   ②低負荷(軽い重り)でのトレーニングなので関節に優しく安心して筋肉を鍛えることができます。
  2.   ③股関節の痛みがある方は、加圧をすることで股関節の痛みが消えるので、痛みがあって歩行ができない方でもトレーニングをすることができます。
  3.   ④加圧を行うと、普段は行き届いていない毛細血管に血液がめぐり、カラダが活性化することができます。
  4.   ⑤成長ホルモンの分泌が平常時の290倍程分泌され、ケガからの回復を早めることができます。
  5. 家事・育児・介護・仕事が忙しくジムに中々行く時間が取れない体を鍛えたい運動がどちらかと言うと苦手・嫌い、どのようにエクササイズして良いのか分からない方生活習慣病から脱出し健康維持したい方お任せ下さい練習メニューを作成致します訪問型なので都合の良い時間で予約出来ます安心してご相談下さい・お待ちしております!!ビタミン・ミネラル・必須アミノ酸・タンパク質・オメガ脂肪酸など検証可能な90種類以上の栄養素を得ることができるこのドリンク一杯からっとアククティブを目指す方・赤ちゃん、妊婦さんが飲める安心安全なモリンガお勧め致します!≧(´▽`)≦

     

    1970756_10153183719377926_4460762453557185403_n[1].jpg

    レプリカサイト:https://2913805.myzija.com

  6. 20258004_1634011269964567_5879887827081566821_n[1].png
  7. DSC_4958.JPGDSC_4960.JPGDSC_4961.JPG


あなどれない「踏み台昇降」と「カーフレイズ」の筋トレ効果

2017年08月22日 [記事URL]

あなどれない「踏み台昇降」と「カーフレイズ」の筋トレ効果

「階段もそうですが、段差がある場所であれば、工夫次第でもっと体を鍛えることができます。そのひとつが、一段あればできる『踏み台昇降』です。積極的にやれば、下半身の筋力トレーニングになるのと同時に、有酸素運動の要素も入るので脂肪燃焼を促進する効果が期待できます」

インドアで簡単にできる踏み台昇降には、下半身の筋トレ効果や脂肪燃焼効果が,短時間の踏み台昇降程度では、脂肪燃焼効果は期待できないと思っていないだろうか。一般的に、20分以上の運動をしないと脂肪は減らないと思われているが、実はそれは勘違い。運動開始直後から、脂肪も分解されてエネルギーとして供給されている。ただ、筋肉中などに蓄えられた糖(筋グリコーゲン)をエネルギーとして使うか、脂肪が分解されて作り出されたエネルギーを使うか、その比率は運動強度によって違う。つまり、どんな運動でも最初から糖と脂肪は使われていて、運動の強さによってその比率が変わるというだけだ。

踏み台昇降は心肺機能を高め、下肢の筋力を強化する「確かに踏み台昇降は、ひたすら踏み台を上り下りするだけで、移動もせず、何の生産性もないように感じますよね(笑)。でも、先ほど説明したように、脂肪燃焼を促進するほか、心肺機能も高められるし、下肢の筋力強化という点でも、室内で手軽にできるとても良いトレーニングなんです。

 小柄な女性であれば階段一段分の高さから始めてみるといいでしょう。男性なら二段分の高さで、かかとから踏み出して上り下りを繰り返します。二段から始めて、キツくなったら一段にするという方法でも構わないと思います。片足最低10回は上り下りするようにしたいので、1セット30秒程度はやることを目標にすればいいと思います」(岡田さん)

踏み台昇降は下半身を強化し、心肺機能を高め、脂肪燃焼を促進する効果がある。

家事・育児・介護・仕事が忙しくジムに中々行く時間が取れない体を鍛えたい運動がどちらかと言うと苦手・嫌い、どのようにトレーニングして良いのか分からない方生活習慣病から脱出し健康維持したい方お任せ下さい練習メニューを作成致します訪問型なので都合の良い時間で予約出来ます安心してご相談下さい・お待ちしております!!ビタミン・ミネラル・必須アミノ酸・タンパク質・オメガ脂肪酸など検証可能な90種類以上の栄養素を得ることができるこのドリンク一杯からっとアククティブを目指す方・赤ちゃん、妊婦さんが飲める安心安全なモリンガお勧め致します!≧(´▽`)≦

 

1970756_10153183719377926_4460762453557185403_n[1].jpg

レプリカサイト:https://2913805.myzija.com

 20258004_1634011269964567_5879887827081566821_n[1].png

20374540_1634059203293107_7741909702220622662_n[1].jpg20727948_10156480436992926_7755535938984296151_n[1].jpg20770360_1414724665310190_1202515244635422506_n[1].jpg18198579_1314396738676317_2463644485189192797_n[1].jpg



LSD(ロング・スロー・ディスタンス)で疲労を軽減!

2017年08月21日 [記事URL]

有森裕子 ストイックな人ほど取り入れたい「LSD」有森裕子の「Coolランニング」

積極的休養で楽しく体をほぐし

 有森裕子 元マラソンランナー

 いよいよ本格的な夏がやってきますね。これからの季節、トレーニングを追い込みすぎると疲労が蓄積されやすくなり、ケガもしやすくなります。トレーニング時の暑さ対策はもちろん、寝室の温度調節なども工夫して、質の高い睡眠をとるように心がけましょう。入浴後のストレッチもしっかり行って、疲労軽減のためのケアに努めてほしいと思います。夏バテしないような食事や飲料のとり方は、バックナンバー「夏のランナーは『内臓疲れ』に注意!」も参考にしてください。

LSD(ロング・スロー・ディスタンス)で疲労を軽減!

 夏の練習に限りませんが、現役時代の私が疲労軽減のためによく行っていたトレーニングの1つが、LSD(ロング・スロー・ディスタンス)でした。その名の通り、その人にとって楽なペースで、ゆっくり長く走ることを目的とした練習です。

 ランナーの走力レベルによっても変わってきますが、LSDの効用は大きく3つあります。1つは、先ほども触れた疲労軽減のため。もう1つは心肺機能を高め、長距離ランに必要な遅筋繊維(持久力をもたらす筋肉)を増やして持久力をつけるため。3つ目は長い距離や時間を走りきったという自信をつけるためです。

LSDの効用【1】 疲労軽減に役立つ

 激しい練習をした後は、当然疲労がたまります。そんな時、現役時代の私は「積極的休養」をとるべく、斜面のある山道を使ってLSDを行っていました。5~6時間、ゆっくりと走り続けるトレイルランニングのようなイメージです。

 積極的休養とは、じっと何もせずに体を完全に休ませるのではなく、体を動かしながらほぐすことで疲労を軽減させることをいいます。例えば、土の山道をゆっくりと走ると、斜面の角度に合わせて着地しますから、足首がいろいろな方向に動く。すると、アスファルトの上ではあまり使わない足の筋肉を使うため、筋肉がほぐれやすくなるのです。私の場合、平坦な道よりも山道を走るほうが、筋肉の疲れが取れる実感がありました(バックナンバー「遭難しかけて学んだトレイルランニングの効用と注意点」)。

普段走らない自然の道をゆっくり走ると、筋肉がほぐれていく。(C) 

家事・育児・介護・仕事が忙しくジムに中々行く時間が取れない体を鍛えたい運動がどちらかと言うと苦手・嫌い、どのようにトレーニングして良いのか分からない方生活習慣病から脱出し健康維持したい方お任せ下さい練習メニューを作成致します訪問型なので都合の良い時間で予約出来ます安心してご相談下さい・お待ちしております!!ビタミン・ミネラル・必須アミノ酸・タンパク質・オメガ脂肪酸など検証可能な90種類以上の栄養素を得ることができるこのドリンク一杯からっとアククティブを目指す方・赤ちゃん、妊婦さんが飲める安心安全なモリンガお勧め致します!≧(´▽`)≦

 

1970756_10153183719377926_4460762453557185403_n[1].jpg

レプリカサイト:https://2913805.myzija.com

 20258004_1634011269964567_5879887827081566821_n[1].png

パーソナルトレーニング3.jpg20526018_1958861887731885_6007451321950421914_n[1].jpg19396857_282464768885827_1345668368508265677_n[1].jpg18198579_1314396738676317_2463644485189192797_n[1].jpg



バリスティックトレーニングはバーベルを使っても可能 ≧(´▽`)≦

2017年08月20日 [記事URL]

バリスティックトレーニングはバーベルを使っても可能     ≧(´▽`)≦

"筋肉博士"石井直方先生(東京大学教授)が、筋肉のメカニズムや機能を毎回わかりやすく解説していきます。今回は、メカニカルストレスが強い「バリスティックトレーニング」について見ていきます。このトレーニングは、「目の前にある負荷を瞬間的に強く加速させる」というもの。「ジャンプ」などがその典型例です。その目的は、単純に筋力を高めるというものではなく、筋力を実際の動作に結びつけることにあります。

 

バーベルやダンベルで筋トレする場合も、目の前にある負荷を瞬間的に強く加速するようにすれば、バリスティックトレーニングになる。

 例えば、ジャンプは典型的なバリスティックトレーニング。単純にピョンピョン跳ぶだけでも立派なトレーニングになります。

 また、バーベルやダンベル、ケーブルマシンを利用する場合も、目の前にある負荷を瞬間的に強く加速するようにすれば、バリスティックトレーニングになります。わかりやすい例としては、(重量挙げの)クリーンやスナッチなどが挙げられますが、ベンチスロー(バーベルを上に放り投げるように負荷を加速する。落下途中でバーベルが減速されるスミスマシンなどを利用する)、メディシンボールを使ったキャッチボールなどもバリスティックトレーニングといえます。いずれもポイントは「負荷を持ち上げる」のではなく、「一気に加速させ、すぐに力を抜く」こと。そこに力点を置いていれば、それはバリスティックトレーニングといえます。「瞬発力トレーニング」「負荷を加速するトレーニング」といったいい方をされることもありますが、表現の仕方が違うだけで本質的には同じトレーニングといえるでしょう。(-^□^-)



静的ストレッチでは準備運動には不十分 (*^▽^*)

2017年08月19日 [記事URL]

静的ストレッチでは準備運動には不十分  ≧(´▽`)≦

ランニング前の準備運動として、アキレス腱伸ばしでは不十分だった。長時間のパソコン仕事に、車や飛行機などでの長距離移動。ビジネスパーソンは同じ姿勢を強いられ、体の柔軟性が損なわれてしまうケースが多い。1日の始まりである朝、ベッドから起き上がる時に筋肉の"こわばり"が気になることもある。

人間の筋肉は適切なケアをしていないと20代をピークに衰え、筋力はもちろん、柔軟性も失われる。そして少なくなった筋力で体を支えようとするから、筋肉が収縮したままになって血流が悪くなり、さらに体の柔軟性がなくなるという悪循環に陥る。その状態で強めの運動をしようとすると、思わぬケガを負うことにもなりかねない。筋肉を柔軟にしたり、ケガを防いだりするために多くの人が思いつくのが、"ストレッチ"と呼ばれる体操だ。この"ストレッチ"という言葉は、60年代にアメリカで発表されたスポーツ科学系の論文で使われ始め、NFLやMBLの有名チームにストレッチングを指導した、ボブ・アンダーソンという人物が75年に出版した『STRETCHING』によって、世の中に広く普及した。しかし、「一般の方を見ていると、実践するストレッチングの選び方で、大きな勘違いをしているケースがよくあります」と、トップアスリートから一般人までの体づくりをサポートしている著名トレーナー、中野ジェームズ修一さんは指摘する。「ストレッチには"動的(ダイナミック)ストレッチ"と"静的(スタティック)ストレッチの2種類があります。一般的にストレッチと言った時、多くの人が行うのは、前屈やアキレス腱伸ばしなど、ゆっくりと筋肉を引き伸ばす静的ストレッチだと思います」

静的ストレッチでは準備運動には不十分

しかし、中野さんは「静的ストレッチだけでは、筋肉の張りを解消して柔軟性を取り戻すのには十分ではありません。また、運動前に行う"準備運動"としても、適していません」と言う。

「まず、運動前のことから言いますと、英語の『Warming Up(ウォーミング・アップ)』を準備運動と訳したことから、勘違いが始まっているのではないでしょうか。例えば、今の高性能な車には走り出す前の暖機運転、アイドリングはあまり必要ないかもしれませんが、古い車であれば必要だったはずです。それを人間の体に置き替えて考えてみてください。激しい運動を行う前には、筋肉の温度を上げる、つまり体温を高くして血流量を増やす。加えて、関節の動きを良くして可動域を増やすために、関節から滑液をよく出すことが必要です。加えて心拍数を上げて、心臓の準備をしなくてはいけません。ところが静的ストレッチは、筋肉を伸ばすことで一時的な柔軟性を確保して関節の可動域を広くしますが、心拍数や体温を上げて心臓の準備をすること、そして滑液を分泌させることにはほとんど役立たないのです」

 つまり静的ストレッチだけでは、ウォーミング・アップの"ウォーミング"、「温める」の部分が欠けている。よく、ストレッチングで「血流がよくなって体も温まり、代謝も高まる」と言われるが、それはほんのわずかな変化。筋肉をゆっくり引き伸ばすだけでは、体を大きく動かす行為には敵わない。

 車であれば部品を変えたりすることで補修が可能で、毎年発売される高性能の新車に乗り換えることもできる。しかし、我々の体は一つ。パーツを交換することも、体を新しいものにすることもできない。賢くメンテナンスしなければ、長く使うことはできないのだ。(-^□^-)

 家事・育児・介護・仕事が忙しくジムに中々行く時間が取れない体を鍛えたい運動がどちらかと言うと苦手・嫌い、どのようにトレーニングして良いのか分からない方生活習慣病から脱出し健康維持したい方お任せ下さい練習メニューを作成致します訪問型なので都合の良い時間で予約出来ます安心してご相談下さい・お待ちしております!!ビタミン・ミネラル・必須アミノ酸・タンパク質・オメガ脂肪酸など検証可能な90種類以上の栄養素を得ることができるこのドリンク一杯からっとアククティブを目指す方・赤ちゃん、妊婦さんが飲める安心安全なモリンガお勧め致します!≧(´▽`)≦

 

1970756_10153183719377926_4460762453557185403_n[1].jpg

レプリカサイト:https://2913805.myzija.com

  1.  

    20258004_1634011269964567_5879887827081566821_n[1].png

 18838903_1575018559197172_420370722515923605_n[1].jpg

 18767897_1383991348383522_5870703240297085339_n[2].jpg19875679_640150982845497_8772323572734684658_n[1].jpg18198579_1314396738676317_2463644485189192797_n[1].jpg



お腹を凹ませたい」なら腹筋運動よりドローイン!

2017年08月18日 [記事URL]

30秒ドローインは腹横筋に収縮を"記憶"させて鍛える

歳を重ねるにつれて増えてくるお腹周りの脂肪。もともと脂肪を蓄えやすい部位である上に、加齢によって基礎代謝が下がってさらに脂肪がたまりやすくなり、内臓を支える筋肉も弱ってくるのが、お腹が出てしまう原因だ。効果的にお腹を凹ませたいなら、ターゲットはお腹の周りをコルセットのように囲む「腹横筋」。短期集中でお腹を凹ませる「30秒ドローイン」を早速実践してみよう。その仕組みがわかったところで、いよいよ実践編に入ろう。ドローインは、おへそ周辺を中心にお腹を凹ますだけという簡単な方法だが、ちょっとしたコツを覚えることで、効果的に腹を凹ませることができるのだという。

ドローインは腹横筋に収縮状態を覚えさせ、お腹を凹ませる

ドローインのターゲットは、腹の一番内側にある腹横筋。

 「お腹を凹ませることをドローイン(Draw-in)といいます。もともとは腰周辺に問題がある人、特に腰痛を緩和させるための理学療法の一環として行われていたものです。腰痛治療の時のドローインは、仰向けになって膝を立て、お腹を背中側にくっつけるようなイメージで引き込みます。それによって、お腹の一番内側にある腹横筋にアプローチして、腰椎に掛かる負担を減らして腰痛を軽減しようというものです」腰痛改善ではなく腹を凹ませることを目的とするなら、ドローインは立った姿勢で行うほうが効果的とのことだが、動作としては非常に地味なものだ。正直言って、実行している時には本当に筋肉に効いているのか実感もわかない。しかし、正確に繰り返していくうちに腹回りは確実に引き締まっていく「筋肉というのは、使えば使ったなりの形になっていきます。私はこれを"筋肉の形状記憶"と呼んでいます。ドローインは、お腹を一時的に凹ませて見栄えをごまかすためのものではありません。お腹を凹ませる動きを何度も繰り返すことで、腹横筋が収縮することを覚え、引き締まった状態の形を記憶するんです。それでお腹が凹んでいくんですね」

 例えば筋トレで、重いダンベルを持って前腕を上下させる「アームカール」という種目がある。上腕二頭筋という筋肉を鍛えるためのトレーニングだが、これをハードにやると、終わった後にも筋肉の緊張が残り、 二頭筋がパンパンに張って太くなる。そして、アームカールを繰り返すことで、実際に普段の上腕が太くなっていくのだ。それと同じように、腹横筋を強く刺激して、お腹を凹ませた状態に変えていくのがドローインだと考えればいい。

家事・育児・介護・仕事が忙しくジムに中々行く時間が取れない体を鍛えたい運動がどちらかと言うと苦手・嫌い、どのようにトレーニングして良いのか分からない方生活習慣病から脱出し健康維持したい方お任せ下さい練習メニューを作成致します訪問型なので都合の良い時間で予約出来ます安心してご相談下さい・お待ちしております!!ビタミン・ミネラル・必須アミノ酸・タンパク質・オメガ脂肪酸など検証可能な90種類以上の栄養素を得ることができるこのドリンク一杯からっとアククティブを目指す方・赤ちゃん、妊婦さんが飲める安心安全なモリンガお勧め致します!≧(´▽`)≦

 

1970756_10153183719377926_4460762453557185403_n[1].jpg

レプリカサイト:https://2913805.myzija.com

  1.  

    20258004_1634011269964567_5879887827081566821_n[1].png

  2. 17191410_1473454919353537_5631713260991819409_n[1].jpg20799218_2037654763187435_4164924330069661821_n[1].jpg17362078_773126949505594_492417101666840074_n[1].jpg18198579_1314396738676317_2463644485189192797_n[1].jpg



シニアの5人に1人が低栄養状態!? 50歳になったら食事の意識を変えていこう

2017年08月16日 [記事URL]

 

「アルブミン」値がシニアの健康の指標になる

健康で長生きするために、まず大切にしなければならないのが食生活。、栄養状態を見るのに最適な指標は何なのか、そして食事をどう変えていけばいいのだろうか。老化を遅らせる食生活指導の第一人者である熊谷修さんは、「シニアの5~6人に1人が低栄養状態にある」と警鐘を鳴らす。

老化に伴い、骨からたんぱく質が抜けていく

圧迫骨折も脊柱管狭窄症も、たんぱく質の減少と深く関わっている。
[画像のクリックで拡大表示]

 前回「粗食の誤解! 『歳をとったら、肉や脂っこいものは避ける』なんてとんでもない」では、シニア世代にとって要介護のリスクを高める原因となるのが、病気そのものよりも老化であることを述べた。そして、老化はたんぱく質の減少と密接に関係しており、老化を進めるのも遅らせるのも、たんぱく質がカギを握っていることを紹介した。

 実は、高齢者に多いとされる病気の数々も、たんぱく質の減少が原因になっていることが多い言う。

 「例えば、背骨を構成する椎骨を見ると、その間にサンドイッチ状にはさまっている軟骨(椎間板)に、多くのたんぱく質が含まれていることが分かります。平均すると、骨という組織の約52%がたんぱく質でできているのです。この軟骨組織からたんぱく質が抜けていくことにより、脊椎の圧迫骨折が起きやすくなります。背骨には神経の束が入っていますから、そうした神経が刺激されて痛みも発生します」

 「その状態からさらにたんぱく質が抜けると、軟骨だけでなく骨の部分からもたんぱく質が抜けて、骨が固くデコボコ・ゴツゴツしてくる状態になります。骨の弾力性がなくなって変形してくるために、これが強い痛みの原因となります。骨が変形することで、神経の通り道である『脊柱管』が狭くなると、いわゆる『脊柱管狭窄症』になるわけです」

 圧迫骨折も脊柱管狭窄症も、たんぱく質の減少と深く関わっていたのである

  1. 家事・育児・介護・仕事が忙しくジムに中々行く時間が取れない体を鍛えたい運動がどちらかと言うと苦手・嫌い、どのようにトレーニングして良いのか分からない方生活習慣病から脱出し健康維持したい方お任せ下さい練習メニューを作成致します訪問型なので都合の良い時間で予約出来ます安心してご相談下さい・お待ちしております!!ビタミン・ミネラル・必須アミノ酸・タンパク質・オメガ脂肪酸など検証可能な90種類以上の栄養素を得ることができるこのドリンク一杯からっとアククティブを目指す方・赤ちゃん、妊婦さんが飲める安心安全なモリンガお勧め致します!≧(´▽`)≦

     

    1970756_10153183719377926_4460762453557185403_n[1].jpg

    レプリカサイト:https://2913805.myzija.com

    1.  

      20258004_1634011269964567_5879887827081566821_n[1].png20819384_1654837544548606_153618086120344411_o[1].jpg18920600_1562535627098025_7202480546923119062_n[1].jpg

        1. 19875679_640150982845497_8772323572734684658_n[1].jpg20799439_1404609476260822_4774207325407802662_n[1].jpg


仙台市青葉区八幡どんくり整骨院イン・加圧体験エクササイズ (*^▽^*)

2017年08月15日 [記事URL]

本日は加圧体験2名様の依頼あり加圧エクササイズを15分位実施致しました。みなさん初めてですが終わられた後の効果にびっくりしていました!その場でお二人共・次回の申込みもされていました≧(´▽`)≦・こちらの八幡どんくり施設では体脂肪、筋力量がその場で計測できるINBodyが便利です 

(-^□^-)!

photo1-02[1].jpg

photo1-05[1].jpg八幡本店・鉤取店どちらの店舗でも体験加圧可能です。一度して見たいと思っている方は店舗の方にTEL下さい!

加圧トレーニングは、リハビリに最適!≧(´▽`)≦

加圧トレーニング・メディカルフィットネスケアでは、筋肉の専門知識を活かし「弱っている筋肉、使いすぎている筋肉、関節の動きがない、関節の動きがあり過ぎる」など、問題を見つけ改善することにより、関節の痛みや筋肉の痛みに負けないバランスの良い強いカラダを目指します。加圧トレーニングは、どうしてリハビリに最適なのか説明したいと思います。(-^□^-)

①1対1のトレーニング指導なので運動経験のない方でも安心して行えます。

  1.   ②低負荷(軽い重り)でのトレーニングなので関節に優しく安心して筋肉を鍛えることができます。
  2.   ③股関節の痛みがある方は、加圧をすることで股関節の痛みが消えるので、痛みがあって歩行ができない方でもトレーニングをすることができます。
  3.   ④加圧を行うと、普段は行き届いていない毛細血管に血液がめぐり、カラダが活性化することができます。
  4.   ⑤成長ホルモンの分泌が平常時の290倍程分泌され、ケガからの回復を早めることができます。
  5. 家事・育児・介護・仕事が忙しくジムに中々行く時間が取れない体を鍛えたい運動がどちらかと言うと苦手・嫌い、どのようにトレーニングして良いのか分からない方生活習慣病から脱出し健康維持したい方お任せ下さい練習メニューを作成致します訪問型なので都合の良い時間で予約出来ます安心してご相談下さい・お待ちしております!!ビタミン・ミネラル・必須アミノ酸・タンパク質・オメガ脂肪酸など検証可能な90種類以上の栄養素を得ることができるこのドリンク一杯からっとアククティブを目指す方・赤ちゃん、妊婦さんが飲める安心安全なモリンガお勧め致します!≧(´▽`)≦

     

    1970756_10153183719377926_4460762453557185403_n[1].jpg

    レプリカサイト:https://2913805.myzija.com

  6. 20258004_1634011269964567_5879887827081566821_n[1].png

DSC_4953.JPGDSC_4955.JPGDSC_4957.JPG




《 前 1  2  3  4  5  6  7  8  9  10  11 


お申込・お問い合わせはこちら

電話・メール・LINEでのお問い合わせ

【お申込み前にご確認をお願いいたします】

※交通費として¥1000頂きます。
※有料駐車場の利用は¥1000頂きます。
※当日キャンセルは料金の半額頂きます。
※仙台市外への出張はご相談下さい・・・可能な限り対応致します。

電話: 090-8780-7012
メールでのお問い合わせ
LINEでの予約・お問合せ

「BODY BALANCE SENDAI」へのお電話はこちら
 【住 所】 〒980-0004 宮城県仙台市青葉区宮町3丁目7-55
 【電話番号】 090-8780-7012
 【営業時間】 午前10:00~12:00 午後13:00~19:00
 【電話受付】 午前9:00~午後19:00
 【定休日】 木曜日

PageTop



仙台市 出張整体 & 産後骨盤矯正ダイエット BODY BALANCE SENDAI
  • 住所:〒980-0004
    宮城県仙台市青葉区宮町3丁目7-55
  • 電話:090-8780-7012